記事一覧

ジャパンクラフトホールディングス ソースは私

ジャパンクラフトホールディングスは手芸店「トーカイ」を全国展開。
22年初持株会社に。ファンドと提携し再建中。

買付日 : 2021年12月
数量 : 1,000株
取得単価 : 398円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2023年6月期(4Q)
売上高 16,993百万円(+8.2%)
営業利益 △2,085百万円(-%)
当期利益 △3,283百万円(-%)

増収:日本ヴォーグ社連結取り込みによる
減益(赤拡):営業損失を計上、減損計上もあり大幅な純損失

上述の通り、日本ヴォーグ社、ヴォーグ学園連結取込みと新規施策により前期比増収です。
しかし主力の藤久は不調でなかりせば減収でした。

なお新規施策による売上加算は396百万円です。
ソーイング専門誌、ヴォーグ学園オンラインレッスン、シルバニアファミリーなどとなっています。

営業利益は減少分と店舗閉鎖等による経費削減がちょうど相殺になっている状況です。
さらに減損損失911百万円と店舗閉鎖損失引当金繰入額231百万円を計上しています…


株主優待は優待券です。
私は500株保有で5,000円/年2回となっています(旧制度)。

ジャパンクラフトHD_2023④

次期も引き続き利益は赤字(赤縮)となっています。

2023/10/30には構造改革実施に関するお知らせを公表しています。
内容は「抜本的な店舗網再構築と新販売チャネルの開拓」と「全社的な人員体制の適正化」です。
あわせて役員報酬の削減も実施しています。

黒字化、復配を目標に掲げる一方で株式分割、優待拡充しているのは疑問です。
必ずしも株主がファンとして優待券以上に店舗を利用してくれるとは限らないのですが…

ジャパンクラフトホールディングス(東証PRM、7135)の主な指標(2023/11/29現在)
株価 : 180円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 1.22倍
EPS(予想) : -60.69
1株配当(予想) : 0.00円
配当利回り(予想) : 0.00%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
①株主買物優待券 ②特別優待品
(6月末・12月末)
100株以上 継続保有 1年未満:①1,000円分、1年以上:①2,000円分、3年以上:①3,000円分
200株以上 継続保有 1年未満:①2,000円分、1年以上:①3,000円分、3年以上:①4,000円分
600株以上 継続保有 1年未満:①4,000円分、1年以上:①5,000円分、3年以上:①6,000円分
(6月末のみ)
1,000株以上 1年以上継続保有 ①5,000円分+②

総合利回り(予想) : 11.11%
上記は100株、継続保有1年未満の場合


優待利用履歴です。

シルバニアファミリーとソーイングセットになっています。
姪っ子が喜んでいるうちは良いけど、以降は使い道に困りそうです…

ジャパンクラフトHD_2023⑤

HD記念優待は以下を選択しました。
②当社グループ店舗にて販売している日本ヴォーグ社書籍一冊(上限税込1,500円)と引き換え

選択肢はそれなりにありましたが、オーバー分は差額決済可にしてもらえるとなお良いと感じました。

ジャパンクラフトHD_2023⑥
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ