記事一覧

ラックランド 優待の基準日を変更する奇策で期初業績予想の達成を目指す

ラックランドは食品、飲食等の店舗企画、設計、施工行う。

買付日 : 2018年12月
数量 : 100株
取得単価 : 2,595円

今回は業績と株主優待について紹介します。

ラックランド_2023④

2023年12月期(3Q)
売上高 32,147百万円(+14.2%)
営業利益 △193百万円(-%)
当期利益 △163百万円(-%)

増収:商業施設・食品工場、物流倉庫の制作事業が増収
減益(赤縮):過年度決算の訂正影響もあり赤字継続

以下の不適切な会計処理が判明しています。
①工事原価に関する見積書の変造の結果による工事収益の過少計上(当社)
②工事原価の付替え及び工事原価の過少計上、並びに工事原価の過少計上の結果としての簿外債務の存在(当社及び子会社)
③架空又は水増しした工事原価の計上による工事収益の過大計上(子会社)

過年度訂正を行わず、当年1Qの処理としています。
影響額は売上高△67百万円、営業利益△121百万円、当期利益△98百万円です。

ガバナンスレベルの低さと業績へのプレッシャーの高さが伺えますね( ̄^ ̄)ゞ


株主優待は東北地方の名産品詰め合わせを年2回です。
送料を除くと3,500円相当とのことです。

今回は私にとって定番の選ばれし石巻うまいもの祭りを選択しました。

ラックランド_2023⑤

2023/11/10に「株主優待制度の基準日の変更に関するお知らせ」を公表しています。

基準日を12月→2月、6月→8月に変更するものです。
実質的には今回の12月の負担をなくし、来年にずらすための方策です。

この点は当社も素直に認めています。

…当期に関しては特に期初業績予想を達成することが最優先課題であると考え、株主優待の基準日を下記のとおり変更することに決定いたしました。


過年度修正したら良かったのに…(これはこれで大変ですが)
社会貢献事業と謳っているだけにやめにくいでしょうが、優待の更なる改悪は可能性ありますね。

ラックランド(東証PRM、9612)の主な指標(2023/12/6現在)
株価 : 2,692円
PER(予想) : 61.36倍
PBR(実績) : 2.93倍
EPS(予想) : 43.87
1株配当(予想) : 15.00円
配当利回り(予想) : 0.56%

株主優待
権利確定月 6月末日・12月末日
東北地方の名産品詰め合わせ
100株以上 1セット 3,500円相当(複数コースより1セット選択)

総合利回り(予想) : 3.16%



前回の三陸産の旨味たっぷりホタテとカキのセットです。

ラックランド_2023③

今回の選ばれし石巻うまいもの祭りも到着しています。

たらこ専門店の旨辛煮が初登場。
えのき茸を使用ということで期待大であります。

ラックランド_2023⑥
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ