記事一覧

ビックカメラ インバウンドとM&A

ビックカメラは家電量販大手。ターミナル駅周辺で大型店展開。
ソフマップに加え、コジマを傘下に。

買付日 : 2012年4月
数量 : 100株
取得単価 : 409円

今回は第43期報告書と株主優待について紹介します。

ビックカメラ_2023⑧

2023年8月期(4Q)
売上高 815,560百万円(+2.9%)
営業利益 14,215百万円(△20.4%)
当期利益 2,936百万円(△49.1%)

増収:その他の商品で増収を確保
減益:コジマの減益幅大きい

その他の商品で伸びているのは以下の通りです。
ゲーム+29.8%、中古パソコン・スマホ+83.8%、玩具+24.8%、医薬品・日用雑貨+38.2%

免税売上は足元ではコロナ前の8割程度まで回復しているようです。
コロナ禍からの回復の悪影響を受けているのがコジマでしょうか。

個人的には2期連続で減損損失を40億円レベルで計上している点が気になっています。


株主優待は優待券です。

私は100株保有で8月末は,000円となっています。
2名義分あります。
1名義は継続保有1年以上、もう1名義は継続保有2年以上です。

ビックカメラ_2023⑨

次期の業績予想は増収増益となっています。
インバウンド回復による単体の業績改善とTDモバイルの連結取り込みによります。

TDモバイルは携帯販売のほか、MVNOを手掛けています。
のれん償却後で758百万円の増益要因を見込んでいます。

ビックカメラ(東証PRM、3048)の主な指標(2023/12/22現在)
株価 : 1,319円 年初来高値
PER(予想) : 29.90倍
PBR(実績) : 1.65倍
EPS(予想) : 44.11
1株配当(予想) : 18.00円
配当利回り(予想) : 1.36%

株主優待
株主お買物優待券
<2月末日>
100株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
500株以上 3,000円 (1,000円券×3枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10.000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

<8月末日>
100株以上 1,000円 (1,000円券×1枚)
500株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10,000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

【長期保有株主向け優待制度】
<8月末日>
1年以上2年未満継続保有 株主お買物優待券1枚追加(1,000円券×1枚)
2年以上継続保有 株主お買物優待券2枚追加(1,000円券×2枚)

総合利回り(予想) : 3.64%
上記は100株の場合


スーパーマリオブラザーズ ワンダーを楽しんでいます。

シリーズとしては約11年ぶりの完全新作となります。
ビックカメラで購入し、特典のクリアファイルをゲットしました(ノジマの方が良かったか…)。

ビックカメラ_2023⑥

作品としてはクリアするだけならそんなに難しくないですが(まだクリアしていませんが)、
縛りをいれたり、やりこむと奥が深い作りになっていてさすがマリオ、任天堂といった感じです。

あのフラワーがなんとも言えない味を出しています。
私は珍しく?許容できていますが、相方は合わないようです(笑)

ビックカメラ_2023⑦
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ