記事一覧

ハイデイ日高 Hiday 500 ~500店舗体制に向けて~

ハイデイ日高は「中華食堂日高屋」主力。
首都圏の駅前・繁華街立地で展開。直営出店主義。

買付日 : 2020年1月
数量 : 100株
取得単価 : 1,984円

今回は第46期中間株主通信と株主優待について紹介します。

ハイデイ日高_2023⑥

2024年2月期(2Q)
売上高 23,796百万円(+35.2%)
営業利益 2,402百万円(-%)
当期利益 1,730百万円(+67.5%)

増収:価格改定後も来店客数伸長
増益:増収および増収効果による

増収は価格改定・来店客数以外では創業50周年記念感謝祭の実施、営業時間の延長による効果があります。

原価率は食材価格の上昇があったものの、値上げ効果により0.4%減少しています。
販管費は増収効果、店舗運営の効率化・生産性の向上により低減しています。

ハイデイ日高_2023⑦

2024年2月期~2026年2月期の3年間を対象とした中計「Hiday 500」を策定しています。
その中で店舗数は446店舗から500店舗に増やすことを目標として掲げています。

そのためにロードサイドや乗降客数が少ない駅前での展開を進めています。
ロードサイドはファミレス代替、乗降客数が少ない駅前は競合が少ないことがチャンスとなっています。

ハイデイ日高_2023⑧

株主優待は優待券です。
100株保有で1,000円/年2回となっています。

ハイデイ日高_2023⑨

通期の業績予想を2023/8/21に上方修正しています。
7月までの業績状況を踏まえての修正であり、達成確度は高いと考えます。

2024/1/5に発表している3Q決算も好内容でした。
業績予想は修正していませんが、配当は増配として前回予想から+6円としています。

ハイデイ日高(東証PRM、7611)の主な指標(2024/1/5現在)
株価 : 2,912円
PER(予想) : 38.13倍
PBR(実績) : 4.56倍
EPS(予想) : 76.37
1株配当(予想) : 29.00円
配当利回り(予想) : 1.00%

株主優待
①優待券(500円) または、②お米券 のどちらか一方
<2月末>
100株以上 継続保有3年未満:①2枚 または ②1kg、3年以上:①2枚 または ②1kg
500株以上 継続保有3年未満:①10枚 または ②3kg、3年以上:①12枚 または ②4kg
1,000株以上 継続保有3年未満:①20枚 または ②5kg、3年以上:①24枚 または ②7kg

<8月末>
100株以上 ①2枚 または ②1kg
500株以上 ①10枚 または ②3kg
1,000株以上 ①20枚 または ②5kg

総合利回り(予想) : 1.68%
上記は100株の場合


最近最寄りの店舗にタブレット端末が導入されました。
個人的にはこちらの方が勝手に注文できるので便利ですよね(注文の間違いもなくなる)。

ハイデイ日高_2023⑤
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ