記事一覧

フジ やっぱり優待券がお得?

フジは愛媛地盤の大手チェーンストア。
22年3月マックスバリュ西日本と経営統合、イオン子会社に。

買付日 : 2022年12月
数量 : 100株
取得単価 : 1,822円

今回は第57期中間報告書と株主優待について紹介します。

フジ_2023④

2024年2月期(2Q)
営業収益 398,843百万円(+3.3%)
営業利益 6,053百万円(+18.5%)
当期利益 4,053百万円(△31.8%)

増収:食料品、住居関連品が堅調
減益(営業利益は増益):人件費、光熱費上昇も増収でカバー

食料品は+2.6%、住居関連品が+2.2%でした。
一方で衣料品は△3.3%です(3年連続でマイナス基調)。

販管費は賃金改定による人件費、電力単価アップによる光熱費等を中心に増加しています。
当期利益は前期の投資有価証券売却による特別利益の剥落により減少しています。

通期の業績予想に変更はありません。

フジ(東証PRM、8278)の主な指標(2024/1/12現在)
株価 : 1,909円
PER(予想) : 32.44倍
PBR(実績) : 0.78倍
EPS(予想) : 58.84
1株配当(予想) : 30.00円
配当利回り(予想) : 1.57%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
(2月末日)
A.株主さまご優待券
B.フジネットショップポイント
C.地域特産品
100株以上 A:6,000円分、B:3,000円分、C:3,000円相当
300株以上 A:8,000円分、B:3,000円分、C:3,000円相当
400株以上 A:10,000円分、B:3,000円分、C:3,000円相当
500株以上 A:12,000円分、B:3,000円分、C:3,000円相当
1,000株以上 A:20,000円分、B:10,000円分、C:10,000円相当
2,000株以上 A:40,000円分、B:10,000円分、C:10,000円相当
3,000株以上 A:60,000円分、B:10,000円分、C:10,000円相当
4,000株以上 A:80,000円分、B:10,000円分、C:10,000円相当
5,000株以上 A:100,000円分、B:10,000円分、C:10,000円相当

(8月末日)
新米を贈呈
継続保有1年以上
300株以上 2kg
500株以上 5kg

総合利回り(予想) : 4.71%
上記は100株Aの場合


2月権利確定分の株主優待はAコースの優待券を選択しています。

他にはBコースでフジネットショップポイント、Cコースで地域特産品が選択できます。
B、CはAと比べると金額的魅力が落ちるのがネックですね。

イオンを良く利用するのであればやはりAコースがお得ですよね(^^)/

フジ_2023③
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ