記事一覧

イオンモール ギフトカードの使いどころ

イオンモールはイオンのショッピングセンターや商業施設OPAを開発・運営。
中国やASEANで海外展開。

買付日 : 2018年12月
数量 : 100株
取得単価 : 1,760円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2024年2月期(2Q)
営業収益 210,807百万円(+8.6%)
営業利益 24,428百万円(+7.0%)
当期利益 10,505百万円(+47.5%)

増収:日本既存、日本新規、海外が増加
増益:日本モール、海外で増加

営業収益は日本既存91モールで+51億円、日本新規で+48億円でした。
海外も+63億円で主に中国の回復によります。

ただし計画比では国内は+12%の計画に対して+7.6%と未達になっています。
海外ではカンボジア、インドネシアで空床影響が出て計画比でマイナスとなっています。

減損損失や店舗閉鎖損失引当金繰入額の減少により当期利益は大きく改善しています。

通期の業績予想に変更はありません。
コロナ禍から回復傾向にありますが、そこからの飛躍的成長は見えないという状態かと。

イオンモール(東証PRM、8905)の主な指標(2024/1/15現在)
株価 : 1,812.5円
PER(予想) : 15.28倍
PBR(実績) : 0.86倍
EPS(予想) : 118.65
1株配当(予想) : 50.00円
配当利回り(予想) : 2.76%

株主優待
権利確定月 2月末日
1.3つのコースから1つ選択
(1)イオンギフトカード
(2)カタログギフト
(3)カーボンオフセットサービスの購入
100株以上 3,000円相当
500株以上 5,000円相当
1,000株以上 10,000円相当

2.イオンギフトカード
1,000株以上 2,000円相当
2,000株以上 4,000円相当
3,000株以上 6,000円相当
5,000株以上 10,000円相当
※3年以上継続保有、基準日1,000株以上

総合利回り(予想) : 4.41%
上記は100株の場合


2月権利確定分のイオンギフトカードを受領しています。
相方分と合わせて2枚です。

他会社の優待券(100円券)を優先消費している関係でギフトカードの利用は後回しとなっています。
ホントは先に使うべきなんですけどね。

ギフトカードは有効期限ないはずなので慌てなくても大丈夫?
食料品や日用品以外に使います。

イオンモール_2023④
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ