記事一覧

名糖産業 おいもやと平松商店を買収

名糖産業はチョコやバウムクーヘンなどの菓子が主力。
製薬が発祥事業、現在は酵素中心に化成品を拡大中。

買付日 : 2021年2月、3月
数量 : 200株
取得単価 : 1,512円

今回は第82期中間報告書と株主優待について紹介します。

名糖産業_2023②

2024年3月期(2Q)
売上高 11,290百万円(+9.8%)
営業利益 △58百万円(-%)
当期利益 468百万円(+17.4%)

増収:主力の食品事業(菓子部門)が増収
増益(営業利益は赤転):原材料価格やエネルギーコストの高騰などにより58百万円の営業損失

食品事業は12.5%増収、92.8%営業減益でした。
テレビCMなどの広告宣伝活動を展開したことにより主力の菓子部門が増収となりました。
一方で上記の悪化要因や小牧工場の稼働に伴う減価償却費の増加等により減益となっています。

名糖産業_2023③

株主優待は自社製品または自社グループ会社製品です。
9月末日は100株で1,500円分となっています。

飲み物は要らんねん…

名糖産業_2023④

通期の業績予想に変更はありません。

2023/12/25においもやと平松商店の買収を公表しています。

おいもやは通販サイトを通じた菓子・スイーツ商品の販売などを行っています。
平松商店は干し芋および焼き芋の製造販売を行っています。

商品ラインナップも拡充できますし、おいもやの利益率は良好なので期待しています。

名糖産業(東証PRM、2207)の主な指標(2024/1/19現在)
株価 : 1,700円
PER(予想) : 35.93倍
PBR(実績) : 0.59倍
EPS(予想) : 47.31
1株配当(予想) : 26.00円
配当利回り(予想) : 1.53%

株主優待
権利確定月 3月末日・9月末日
自社製品または自社グループ会社製品
<3月末>
200株以上 小売価格2,000円相当
<9月末>
100株以上 小売価格1,500円相当
1,000株以上 小売価格3,000円相当
5,000株以上 小売価格5,000円相当

総合利回り(予想) : 3.00%
上記は200株の場合


ビーアールホールディングスから株主優待のQUOカードが届いています。
現在は優待は廃止されていますのでご留意を。

ビーアールHD_2023④
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ