記事一覧

稲畑産業 次の焦点は中計後の還元方針

稲畑産業は化学専門商社。
住友化学系だが稲畑オーナー色も。情報電子、合成樹脂が柱。

買付日 : 2022年5月
数量 : 100株
取得単価 : 2,136円

今回は業績と株主優待について紹介します。

稲畑産業_2023④

2024年3月期(3Q)
売上高 572,995百万円(+2.1%)
営業利益 16,319百万円(+1.2%)
当期利益 16,686百万円(+8.7%)

増収:M&Aによる新規連結や円安の増収効果
増益:売上高の増加や粗利率が上昇

主力の情報電子事業は微減収増益となりました。
フラットパネルディスプレイ関連では車載向け、有機EL関連などが堅調に推移しました。

なお1Qより大五通商社、丸石化学社等を連結子会社化し、負ののれん発生益3,193百万円を計上しています。

稲畑産業_2023⑤

株主優待はQUOカードです。
私は100株保有、継続保有期間6ヶ月以上で1,000円/年1回となっています。

稲畑産業_2023⑥

23年12月末時点の自己資本は1,901億円。
ネット有利子負債は150億円でネットD/Eレシオは0.08となります。

中計NC2023の期間中、総還元性向の目安は概ね50%としています。
現状踏まえると、この程度の物足りないですね。

稲畑産業(東証PRM、8098)の主な指標(2024/2/19現在)
株価 : 3,185円
PER(予想) : 8.37倍
PBR(実績) : 0.93倍
EPS(予想) : 380.30
1株配当(予想) : 120.00円
配当利回り(予想) : 3.77%

株主優待
権利確定月 9月末日
QUOカード
100株以上 継続保有期間6ヶ月未満:500円分、6ヶ月以上:1,000円分、3年以上:2,000円分
200株以上 継続保有期間6ヶ月未満:500円分、6ヶ月以上:2,000円分、3年以上:3,000円分
300株以上 継続保有期間6ヶ月未満:500円分、6ヶ月以上:3,000円分、3年以上:5,000円分

総合利回り(予想) : 3.92%
上記は100株、継続保有期間6ヶ月未満の場合


数値化の鬼 -「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法
(安藤広大/ダイヤモンド社)を読みました。
※2024年4冊目

数値化の鬼_2024

数字がすべてではない。ただ、数字を無視して成長した人は誰1人としていない。
全国3500社以上が導入した「いま、もっとも人を成長させるマネジメント法」の識学。そのエッセンスの中から「伸びる人」に共通する考え方の「型」を紹介。


やはり数値化は大切ですよね。
本書では行動量、確率、変数、真の変数、長い期間の各項目について分かりやすく説明されています。

以下の言葉が響きました。
・「数字がすべてではない」という言葉を、「数字は無視していい」と、都合よく解釈してしまっている
・「他人に対する数字の鬼」ではなく、「自分に対する数値化の鬼」になる
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ