記事一覧

丸大食品 歳暮は伸び悩みも価格改定等でカバー

丸大食品はハム・ソーセージ大手の一角。
関西が地盤。食肉は牛・豚中心。

今回は業績と株主優待について紹介します。
(権利取得はクロス取引にて実施)

丸大食品_2023

2024年3月期(3Q)
売上高 175,908百万円(+2.7%)
営業利益 3,218百万円(-%)
当期利益 2,435百万円(+950.7%)

増収:加工食品事業、食肉事業ともに増収確保
増益(営業利益は黒転):価格改定による効果や合理化などのコスト削減による

歳暮市場の縮小などで歳暮ギフトが伸び悩んだようです。
しかし商品拡充や価格改定効果もあり、増収となりました。

食肉事業は牛肉が減少、代わりに牛肉からの需要シフトで豚肉が増加しています。

丸大食品_2023②

株主優待は200株以上で3,000円相当の自社商品です。
毎回定番品ですが、安定感はありますよね。

丸大食品_2023③

通期の業績予想を上方修正しています。
売上高は計画通り、利益はエネルギーコストの上昇一服と上記要因による増益を見込みます。

丸大食品(東証PRM、2288)の主な指標(2024/3/4現在)
株価 : 1,635円
PER(予想) : 33.98倍
PBR(実績) : 0.57倍
EPS(予想) : 48.11
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.22%

株主優待
権利確定月 9月末日
自社商品
200株以上 3,000円相当

総合利回り(予想) : 2.14%
上記は200株の場合


北陸応援割を利用して旅行に行きたいと考えています。

ネックは二人の休みを合わせるのが困難なことです。
3/15だったら予定合いそうだったのに、開始日は3/16から…( ̄^ ̄)ゞ

そもそも4/26宿泊分までとは期間が短いですよね。
この短期間では到底減った需要のカバーには至っていない気がします。

という訳で、第2弾があることを期待しています。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ