記事一覧

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション 赤字幅拡大、減収響く

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは書籍、CD、雑貨、食品等の複合小売店を展開。
飲食事業を譲渡しヴィレヴァン業態に専念。

買付日 : 2013年7月
数量 : 100株
取得単価 : 1,482円

今回は業績と株主優待について紹介します。

2024年5月期(2Q)
売上高 11,073百万円(△5.3%)
営業利益 △749百万円(-%)
当期利益 △831百万円(-%)

減収:既存店の直営売上が減少
減益(赤拡):減収および原価率、販管費率が悪化

既存店売上高は△3.7%でした、
また店舗数の減少(純減8店舗)により△99百万円の減収となりました。

原価率は60.3%、販管費率は46.5%と共に数ポイント悪化しています。
減収に販管費の削減が追い付かなかったのが主要因と思われます。


株主優待は買物券です。
私は2年以上継続保有で12,000円分/年1回となっています。

ヴィレッジヴァンガード_2024

通期の業績予想に変更はありません。

とはいえ達成はほぼ不可能と思われます。
2Q以降の12~2月の売上高も伸びていませんからね(2月は比較的好調でした)。

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(東証STD、2769)の主な指標(2024/3/15現在)
株価 : 1,038円
PER(予想) : 64.63倍
PBR(実績) : 1.23倍
EPS(予想) : 16.06
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 11月末日
100株以上 お買物券 (1,000円券)
1年未満保有 10,000円分
1年以上継続保有 11,000円分
2年以上継続保有 12,000円分
※1回の買い上げ税込2,000円毎に1枚利用可

総合利回り(予想) : -%
上記は100株、1年未満保有の場合


金曜日は休暇を取って3連休としています。

熱は下がったのですが、おなかの調子がイマイチですかね。
来週からは通常稼働したいので週末は静養に充てます。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ