記事一覧

地主 当期は売却量をコントロール、利益は予想通り着地

地主はスーパーなど商業施設がテナントの底地を投資家向けに売却・賃貸。
私募REIT運用も。

買付日 : 2014年1月
数量 : 300株
取得単価 : 570円

今回は業績について紹介します。

2023年12月期(4Q)
売上高 31,597百万円(△36.7%)
営業利益 6,154百万円(△4.0%)
当期利益 4,709百万円(+29.3%)

減収:売却量をコントロール
増益(営業利益は減額):8月発表の通期予想を上回って着地

大型かつ高利益率の売却案件があったことや特別利益の計上を踏まえ、売却量をコントロールしたようです。
それでも仕入拡大による賃貸収益の増加等により、予想を上回って着地しました。

JINUSHIビジネスの評価向上ならびに投資家からの強い需要は継続しているようです。

23/12期の仕入は順調に推移しました。
期末の販売用不動産残高は60,060百万円と前期末比で倍増しています。
その中でも財務規律は30%以上を維持しました。

次期の業績予想は増収増益となっています。

順調な仕入状況を踏まえ売却案件を増加させます。
前期の固定資産売却による特別利益剥落もこなす想定です。

株主還元は株主優待を廃止し、現金配当で還元する方針へ変更しています。
次期は良好な事業環境を踏まえ、+30円の85円/株を計画しています。

地主(東証PRM、3252)の主な指標(2024/3/26現在)
株価 : 2,384円 年初来高値
PER(予想) : 7.84倍
PBR(実績) : 1.24倍
EPS(予想) : 304.09
1株配当(予想) : 85.00円
配当利回り(予想) : 3.57%

株主優待
なし


最近、紙の株主通信などの封入が減りましたね。
優待があると優待の写真があるのですが、優待がない銘柄だと入れる写真がない!

という訳で、Xでは私のイラストが表示されることになるのでした。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ