記事一覧

ギフティ 流通額・売上高・EBITDAすべてにおいて過去最高値達成を目指す

ギフティは商品・サービスと交換できる電子チケット・eギフト発券・流通を一貫展開。

買付日 : 2020年2月
数量 : 100株
取得単価 : 1,618円 ※NISA口座を利用

今回は業績について紹介します。

2023年12月期(4Q)
売上高 7,226百万円(+53.0%)
営業利益 1,267百万円(+249.2%)
当期利益 129百万円(-%)

増収:giftee for Businessサービスのeギフト利用が大きく拡大
増益:営業利益は大幅増加も減損損失で当期利益は減額

流通額、売上高、EBITDA全てが前期を大幅に上回りました。
流通額:630億円(前期比 +79% /修正予想比+5%)
売上高:7,226百万円(前期比 +53% /修正予想比+4% )
EBITDA:1,728 百万円(前期比 +115%/修正予想比+11%)

gifteeは前期2Qまで計上していた広告収入の影響があったものの、ギフト販売売上は増加しました。

giftee for Businessは過去最大規模の大型案件の受注、法人・自治体の利用の拡大等により売上が大幅に増加。
eGift Systemは流通額増加に伴い、堅調に増加しました。
地域通貨サービスは全国旅行支援に係る売上により大幅に増加しました。


次期も流通額・売上高・EBITDAすべてにおいて、過去最高値達成を目指します。
EBITDAマージンは単体ベースでは37%と過去の高水準まで回復を見込みます。

成長戦略はこれまでの戦略を継続させます。
eギフトプラットフォームの拡大とその地理的な横展開、およびM&Aによるそれらの実現の強化・加速を図ります。

ギフティ(東証PRM、4449)の主な指標(2024/4/2現在)
株価 : 1,278円 年初来安値
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 4.71倍
EPS(予想) : -
1株配当(予想) : 0.00円
配当利回り(予想) : 0.00%

株主優待
なし


相方がカタログギフトを貰ってきました。
千趣会のカタログギフトでした、頑張って欲しいものです(笑)

「小樽の小鍋12個入」を選びました。
早速頂きましたが、美味しかったですよ(^^)/

千趣会_2024⑤
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしています
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter

月別アーカイブ