記事一覧

吉野家ホールディングス 株主優待券は外販商品に引き換え可能になります

吉野家ホールディングスは2013年2月に投資しています。

1,065円で購入しています。

今回は第58期報告書と株主優待について紹介したいと思います。
(無事、株主総会は終了したようですね)

吉野家_2015②

セグメント別の売上高・利益構成は以下の通りです。

吉野家の利益は牛肉価格高騰による影響を「牛すき鍋膳」の好調がカバーし、
前期比41.3%増の40億円となっています。

吉野家_2015③

はい、「株主様ご優待券」です。

吉野家_2015④

「株主様ご優待券」の利用方法が拡充されています。

株主様ご優待券1冊(10枚)を指定の期限までに事務局に送付することで、「吉野家
外販商品詰め合わせセット」と引き換えできるようになりました。

これが前回の報告書に記載されていた「よりご利用しやすい株主優待制度を追求」
の成果なのでしょうね。

吉野家_2015⑤

通販商品のパンフレットが同封されています。
お店で食べるより少し割高ですかね。

吉野家_2015⑥

12月に牛丼並盛380円をはじめとする価格改定を実施しています。

この影響により第4四半期の客数減少は想定内とのことですが、回復ペースは
力強いものとは言えないようです。

牛丼の価格設定は難しい問題ですね。

吉野家ホールディングス(東証1部、9861)の主な指標(2015/5/26現在)
株価 : 1,422円
PER(予想) : 103.04倍
PBR(実績) : 1.54倍
EPS(予想) : 13.80
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.41%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
300円サービス券
100株以上 10枚
1,000株以上 20枚
2,000株以上 40枚

総合利回り(予想) : 5.63%
上記は100株の場合
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter