記事一覧

NTTドコモ 「協創」に期待?

NTTドコモは2012年10月に投資しています。

1,180円で購入しています。
200株保有しています。

今回はドコモ通信vol.64(2015夏号)について紹介したいと思います。
表紙にうっすらと人影が…

NTTドコモ_2015

社長ですね。

2014年度決算ハイライトですが、「月々サポート」による割引影響の拡大や新料金
プラン「カケホーダイ&パケあえる」の減収影響が先行したこと、端末機器原価など
の増加により減収減益となっています。

NTTドコモ_2015②

特集は『「競争」から「協創」へ』となっています。

ドコモは従来の顧客獲得競争から脱却し、世の中の多様なパートナーとのコラボ
レーションにより新たな付加価値を創造する「協創」の時代を切り拓きます、とあり
ます。

一例として、ローソンとの提携が紹介されています。

2015年6月より、ローソンの店舗でドコモのクレジットサービス「DCMX」「DCMX mini」
を使って買い物をすると3%を割引するサービスを始めています。さらに12月には、
ローソンの店舗でdポイントが利用できるようになる予定です。

株主向け事業説明会&ショールーム見学会の案内があります。
株主は28万人いますが、募集人数は30名×2回の狭き門です。

NTTドコモ_2015③

どうもこの会社、ユーザーとしてぼったくられた分を、株主として還元してもらっている
印象ですね。

NTTドコモ(東証1部、9437)の主な指標(2015/6/26現在)
株価 : 2,364.5円
PER(予想) : 20.32倍
PBR(実績) : 1.71倍
EPS(予想) : 116.39
1株配当(予想) : 70.00円
配当利回り(予想) : 2.96%

株主優待
なし
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter