記事一覧

「金貨・地金の引き出しについて」 案内が到着です

分散投資の一環として、少額(毎月5,000円)の純金積立を行っています。

当初は三菱商事の純金積立で開始したのですが、開始わずか1ヵ月後には
田中貴金属工業に事業移管されてしまいました。

その田中貴金属工業から案内をいただきましたので紹介したいと思います。
(預かり残高報告書に同封されていました。)

案内は積立した金(プラチナ)を実物で引き出ししませんか、というものです。

田中貴金属_2015

今までは案内いただいたことなかったと記憶していますが、積立が金貨の
引き出し(1オンス=33.69g)に到達したからでしょうか。

田中貴金属_2015②

金貨だと「ウィーン金貨ハーモニー」か「メイプルリーフ金貨」として引き出し
できるようです。

こうやって案内見ると気分が高揚しますね。

せっかくなので引き出して金貨を手許に置いておきたい気持ちもありますが
コスト(引き出しに伴う諸費用)や保管の問題もありますので、今回はパス
したいと思います。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter