記事一覧

スペース 売上原価の増加により営業利益は減益です

スペースは2014年12月に投資しています。

1,260円で購入しています。
(NISA口座を利用して投資しています)

今回は第44期中間株主通信について紹介したいと思います。

スペース_2015④

当社の属するディスプレイ業界は、景気回復に伴い商業施設の案件は増加
しているものの、原材料価格の上昇や人手不足による人件費の増加が企業
収益を圧迫しています。このような事業環境において、当社は継続的なコスト
管理に努めるとともに、積極的な採用活動を行っています。

とはいえ、第2四半期は売上原価の増加を吸収できず、営業利益は前期比
減益となっています。

スペース_2015⑤

実績紹介のページで気に入ったのが「十六銀行ATM」です。

建物自体が広告塔として機能し、利便性を兼ね備えた新しいATMブースと
なっています。

スペース_2015⑥

非常に良いデザインで、当社の実力を垣間見ることができますね。

スペース(東証1部、9622)の主な指標(2015/9/18現在)
株価 : 1,302円
PER(予想) : 15.06倍
PBR(実績) : 1.22倍
EPS(予想) : 86.48
1株配当(予想) : 46.00円
配当利回り(予想) : 3.53%

株主優待
なし
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter