記事一覧

壱番屋 株主優待を初受領です

壱番屋はカレー専門店「CoCo壱番屋」等を直営・FC展開しています。
TOBでハウス食品グループ本社の子会社になっています。

2015年7月に投資しています。
4,900円で購入しています。

今回は第34期上期のココイチレポートと株主優待について紹介したいと思います。

壱番屋_2016

定例の株主優待に加え、店舗数が100の整倍数になるごとに、その期末現在の
株主に追加の株主優待券が進呈されます。

次回は1,500店舗達成時ということですが、当第2四半期時点で1,421店舗なので
もう少し時間がかかりそうです。

壱番屋_2016②

その他業態の紹介があります。

いずれもまだ中部地方にしか出店していないようですが、鉄板ハンバーグにっくい
亭は心惹かれるものがありますね。

壱番屋_2016③

私にとって初受領となる株主優待券(500円×3枚)。

壱番屋_2016④

株主優待券は指定商品との交換も可能です。
交換比率は良いとは言えません。あくまでも店舗を利用できない人向けです。

壱番屋_2016⑤

ハウス食品グループ本社の子会社になりましたが、トップメッセージには「当社の
自主性、独立性を保った形でのグループ化ですので、当社の経営理念や経営方針、
あるいは配当の基本方針などを変更することは想定していない」とあります。

壱番屋(東証1部、7630)の主な指標(2016/2/19現在)
株価 : 5,830円
PER(予想) : 28.20倍
PBR(実績) : 3.37倍
EPS(予想) : 206.73
1株配当(予想) : 105.00円
配当利回り(予想) : 1.80%

株主優待
権利確定月 5月末日・11月末日
優待券
100株以上 (定例分)1,500円相当+(追加分)1,000円相当
500株以上 (定例分)5,000円相当+(追加分)2,500円相当
1,000株以上 (定例分)10,000円相当+(追加分)5,000円相当
※ 追加分は、100店舗の整数倍の店舗数になった毎

総合利回り(予想) : 2.32%
上記は100株の場合
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter