記事一覧

吉野家ホールディングス 優待商品引換え期限が短いです

吉野家ホールディングスは「吉野家」を軸に、すし、ステーキ、うどん等を展開
しています。

2013年2月に投資しています。
1,065円で購入しています。

今回は第59期報告書と株主優待について紹介したいと思います。

当期は何とか増収は確保したものの、円高の影響で牛肉の在庫について
評価損を計上したこと等から減益決算となっています。

2019年2月期を最終年度とする新3ヵ年中期経営計画が策定されていますが、
「大きな利益成長は見込めませんが、増益は確保していきます」という控えめ
な(現実的な)計画となっています。

吉野家_2016

そんな中、はなまるは順調に成長しており、今後3年間で500店舗の達成を
目指します。

健康メニューに注力しており、女性受けしそうなメニューが並びます。
私はもう少し不健康そうなメニューが好きかな(=゚ω゚)ノ

吉野家_2016②

株主優待券も到着しています。

吉野家_2016③

今回の優待商品引換えは牛丼の具(4食)と焼鶏丼の具(3食)となっています。

吉野家_2016④

商品引換えも簡単・便利、美味しくて良いと思います。

優待券利用か商品引換えのどちらを選択するか、悩んでいるうちに申込み
期限(6/10)が終了していました。

という記事を1ヵ月後に書いています。

吉野家ホールディングス(東証1部、9861)の主な指標(2016/7/12現在)
株価 : 1,451円
PER(予想) : 49.27倍
PBR(実績) : 1.65倍
EPS(予想) : 29.45
1株配当(予想) : 20.00円
配当利回り(予想) : 1.38%

株主優待
権利確定月 2月末日・8月末日
300円サービス券
100株以上 10枚
1,000株以上 20枚
2,000株以上 40枚

総合利回り(予想) : 5.51%
上記は100株の場合
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter