記事一覧

メガチップス 私がメガチップスを売却した理由とは?

メガチップスはカスタムLSI、システムが主力のファブレスメーカーです。

2013年1月に投資しています。
1,374円で購入しています。

2016/8/16に1,515円で売却し、撤退しました。

売却の理由は以下の通りです。

①配当
現在の配当性向は当期純利益(但し、会計・決算・税務上の特殊要因は
加減算することもある)の30%以上となっています。

近年の配当(配当性向)は以下の通りです。
23年3月期 29.00円(30.6%)
24年3月期 27.00円(30.4%)
25年3月期 34.00円(20.0%) ※負ののれん発生益を減算
26年3月期 34.00円(16.8%) ※税額調整(利益)を減算
27年3月期 34.00円(61.1%)
28年3月期 34.00円(-%、当期純損失)
29年3月期 未定(-%、業績予想は当期純損失)

28年3月期末の時点で自己資本比率は41.1%とまだ問題ないレベル
ですが、減配リスクが高まっていると思います。

②株主優待
2015/12/17に「2016年度の株主優待について」を発表しています。
・所有株式数に応じて金額を変更
・100株の場合は3,000円→2,000円
・「任天堂製の携帯型ゲーム機用ソフト」は廃止

先日2,000円のカタログを初めて受領しましたが、正直ガッカリしました。
3,000円の時は良かったのですが…

このカタログ内容なら、資金を他に移しても良いかなと思いました。

③開示姿勢
過去から当社の開示姿勢には疑問を持っていました。

少し過去記事をピックアップしてみます。
メガチップス 為替レートの影響は?
メガチップス 為替の影響で分かりにくい開示です
メガチップス 株主優待改悪!

特に為替の部分はワザと分かりにくくしているとしか思えません。

④直近業績
2016/7/29には「業績予想の修正に関するお知らせ」を開示し、2Q及び
通期の業績予想を下方修正しています。

下方修正の要因は2016/7/15の「特別損失の計上に関するお知らせ」に
記載の通り、投資有価証券の減損(10億1千万円)によるものです。


①~④全てが複合的に絡み合って売却の決断をしました。
ここの優待には思い入れもあるので残念です。

幸い私の評価とは裏腹に最近株価が上昇していますので、若干の
含み益で売却することができました。

別の戦闘力が高い優待銘柄に資金を振り向けたいと思います。

メガチップス(東証1部、6875)の主な指標(2016/8/16現在)
株価 : 1,512円
PER(予想) : -倍
PBR(実績) : 1.28倍
EPS(予想) : -37.33
1株配当(予想) : -円
配当利回り(予想) : -%

株主優待
権利確定月 3月末日
百貨店提供の商品カタログから希望の1点
100株以上 2,000円相当
300株以上 3,000円相当
500株以上 5,000円相当

総合利回り(予想) : -%


今日は明日の台風に備え、買い出しに出掛けました。
その時にY!mobileの「ふてニャン缶」をゲットしてきました。
ふてニャン可愛いですよね~、癒されます(=゚ω゚)ノ
ふてニャン缶_2016
関連記事

スポンサーリンク

コメント

No title

こんにちは^^

RYUさんの売却理由は
非常に勉強になりましたφ( ̄^ ̄ )メモメモ

ネタが色々ありそうですね。
楽しみにしています♪

No title

小坊主さん、コメントありがとうございます。

3年程ですが保有していると違和感を覚えることがあり、これは保有続けられないなと感じた次第です。

恋愛と一緒ですかね?

凄く安くなれば買い戻すかもしれませんけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter