記事一覧

みずほフィナンシャルグループ 株式ではなくハイイールド債券?

みずほフィナンシャルグループは2014年3月に投資しています。

198円で500株購入しています。

みずほフィナンシャルグループは、言わずと知れた国内最大級の金融機関です。
最近は「One MIZUHO」として、銀行・信託・証券の連携を加速させています。

みずほフィナンシャルグループ
※会社HPから引用

みずほの名前の由来ですが、会社HPには以下の通り説明があります。

「みずほ(瑞穂)」は、「みずみずしい稲の穂」を表す言葉であり、「みずほ(瑞穂)
の国」は、実り豊かな国を意味する日本国の美称として用いられています。
(以下、略)

旧行がつながっただけの名前よりは良いですね。

みずほフィナンシャルグループ(東証1部、8411)の主な指標(2014/9/19現在)
株価 : 200.7円
PER(予想) : 8.85倍
PBR(実績) : 0.72倍
EPS(予想) : 22.67
1株配当(予想) : 7円
配当利回り(予想) : 3.49%

株主優待
なし

みずほフィナンシャルグループの株価ですが、低位で安定しており、10銭刻みとなって
からはその傾向が顕著です。

日経のコラムでは『みずほFG株は今や株式ではなく、表面利回が3.5%のハイイールド
債券』という名言が飛び出しています。

考え方によっては、こんなに利回りが良い国内債券はありませんので、債券代替として
もう少し投資額を増やしても良いかもしれませんね。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 検定会員
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter