記事一覧

日本製紙 品質は良いのですが、利益は…

日本製紙は製紙2位。家庭紙は「スコッティ」「クリネックス」ブランド。買付日 : 2020年3月数量 : 100株取得単価 : 1,400円今回は第98期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 1,045,086百万円(+3.7%)■営業利益 12,090百万円(△37.1%)■当期利益 1,990百万円(△37.7%)・前年の需要減の反動や事業譲受等により増収・原燃料価格の高騰により減益営業利益の増減要因を見ていきます。数量・売価...

続きを読む

大和ハウス工業 退職給付数理差異の取り扱い

大和ハウス工業は賃貸住宅、商業施設、物流など事業施設の3本柱。戸建てや内外の都市開発も。買付日 : 2022年1月数量 : 100株取得単価 : 3,292円今回は第83期事業ご報告と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 4,439,536百万円(+7.6%)■営業利益 383,256百万円(+7.3%)■当期利益 225,272百万円(+15.5%)・⼾建住宅事業、事業施設事業等が好調に推移し増収・増収及び退職給付数理差異の影響等により増...

続きを読む

なとり 次期は大幅減益見込み

なとりは多品種のおつまみを製造販売。今回は第74期報告書と株主優待について紹介します。(権利取得はクロス取引にて実施)2022年3月期(4Q)■売上高 45,094百万円(-%)■営業利益 2,272百万円(-%)■当期利益 1,557百万円(-%)・収益認識会計基準適用後は減収も、適用前では+2.2%の増収・増収とプロダクトミックスの改善等により営業利益は増益売上高は前年度の巣ごもり需要の反動を受けました。一方で節約志向やプチ贅...

続きを読む

学究社 社長が株式を贈与?

学究社は東京西部地盤に小中学生向け塾「ena」を展開。買付日 : 2016年6月数量 : 100株取得単価 : 1,117円 ※NISA口座を利用今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 12,378百万円(+9.6%)■営業利益 2,326百万円(+25.0%)■当期利益 1,510百万円(+36.2%)・生徒数増加により増収・増収や利益率向上のためのコスト管理の徹底により増益前年から導入した「ダブル学習システム」がコロナ禍で...

続きを読む

エイチワン 北米で減損、今年は北米回復見込むも中国は?

エイチワンは車体骨格部品のヒラタと本郷が合併し誕生。アンダーボディ骨格品等主体。9割弱がホンダ向け。買付日 : 2019年8月、2020年11月数量 : 300株取得単価 : 596.67円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上収益 170,588百万円(+4.1%)■営業利益 △4,046百万円(-%)■当期利益 △1,390百万円(-%)・増収は円安影響・北米セグメントの減損により営業損失主力得意先向けの自動車フレームの生...

続きを読む

ヤマダホールディングス デンキ事業の業績は?

ヤマダホールディングスは家電量販首位。家電販売から住宅・リフォーム、家具に進出。買付日 : 2015年4月数量 : 100株取得単価 : 470円今回は第45期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 1,619,379百万円(△7.6%)■営業利益 65,703百万円(△28.6%)■当期利益 50,555百万円(△2.4%)・巣ごもり需要反動影響等により減収・減収により減益デンキ事業が大きく減収減益でした。収益認識基準適用後...

続きを読む

グローセル ルネサスの特約店政策変更の影響は?

グローセルは半導体商社。車載向けのルネサス製品が柱。自社製ひずみセンサーを育成。買付日 : 2013年2月数量 : 100株取得単価 : 301円今回は第68期報告書と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 67,259百万円(+12.4%)■営業利益 953百万円(-%)■当期利益 △362百万円(-%)・⼀般電子部品・集積回路を中心にすべての製品で前年比増・増収及び粗利率の向上により営業利益は増益(黒字化)ルネサスエレ...

続きを読む

九州リースサービス 環境関連分野への取組強化

九州リースサービスはリースで九州首位。地域密着で総合金融サービス展開。22年10月西日本FHの持分法適用に。買付日 : 2020年2月数量 : 100株取得単価 : 600円今回は第48期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 29,555百万円(+4.6%)■営業利益 3,250百万円(△9.5%)■当期利益 2,127百万円(+14.4%)・全セグメントで増収を確保・不動産売却益の減少等により営業利益は減益リース・割賦は新規...

続きを読む

城南進学研究社 減損損失響いて2期連続の赤字

城南進学研究社は川崎地盤、首都圏に現役高校生主体の「城南予備校」を展開。買付日 : 2017年3月数量 : 100株取得単価 : 495円 ※NISA口座を利用今回は第40期報告書と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 6,254百万円(+9.5%)■営業利益 78百万円(-%)■当期利益 △636百万円(-%)・教育事業関連部門で増収確保・増収及び費用削減で営業利益は黒字転換個別指導はマイナスですが、映像事業や幼少教育が...

続きを読む

カーリットホールディングス 新中計は物足りない?

カーリットホールディングスは化薬・化学品生産。発炎筒や塩素酸ソーダ高シェア。ボトリング事業も。買付日 : 2015年8月数量 : 100株取得単価 : 524円今回は株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 33,894百万円(-%)■営業利益 2,506百万円(-%)■当期利益 2,336百万円(-%)・化学品、産業用部材、エンジニアリングサービスで増収・各セグメントで増益収益認識基準適用前では増収です。ボトリ...

続きを読む

MRKホールディングス 「美の総合総社」への道のりは遠い

MRKホールディングスは女性用体型補整下着、化粧品、サプリなど販売。RIZAPグループの子会社。買付日 : 2017年5月、2018年11月数量 : 400株取得単価 : 191円今回は第45期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 18,739百万円(+2.2%)■営業利益 588百万円(△3.8%)■当期利益 423百万円(+247.6%)・婦人下着及びその関連事業は増収増益・婚礼・宴会関連事業はコロナ影響で計画を下回って推移婦...

続きを読む

2022年8月末のポートフォリオ 4銘柄購入

2022年8月末のポートフォリオを紹介します。今月末の日経平均株価 : 28,092円月間で289円(1%)高となりました。中旬にかけてFRBが2023年中に利下げに転じるとの期待から株価が上昇しました。17日には29,000円台を7ヵ月ぶりに回復しました。しかし下旬にパウエルFRB議長がインフレ抑制姿勢を強調すると一転。景気後退の警戒から売り優先になっています。※Yahoo!ファイナンスから引用私のポートフォリオは国内株式が好調でした。国...

続きを読む

TOKAIホールディングス 物価高でサブスクは厳しい?

TOKAIホールディングスは東海地盤、ガス・CATV・アクア事業等を行う。買付日 : 2013年2月数量 : 100株取得単価 : 297円今回は第11期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 210,691百万円(+7.1%)■営業利益 15,794百万円(+3.7%)■当期利益 8,969百万円(+1.7%)・顧客件数増加やエネルギーの仕入価格に連動した販売価格の上昇等により増収・顧客件数増加や法人向け情報通信事業の増益等により...

続きを読む

テンアライド 売上回復傾向も未だ足りず

テンアライドはチェーン居酒屋の老舗。首都圏中心に「天狗」ブランドで居酒屋、和食レストランを直営展開。買付日 : 2020年9月、2021年8月数量 : 500株取得単価 : 369円今回は第53期報告書と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 4,823百万円(△18.9%)■営業利益 △3,132百万円(-%)■当期利益 △339百万円(-%)・休業要請等により減収・感染拡大防止協力金、雇用調整助成金を受領も当期純損失業態別売上...

続きを読む

マツキヨココカラ&カンパニー 統合効果が額・率ともに発現

マツキヨココカラ&カンパニーは都市型ドラッグストアの草分け。関東軸に全国展開。21年10月にココカラファインと経営統合。買付日 : 2020年9月数量 : 100株取得単価 : 3,600円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 729,969百万円(+34.0%)■営業利益 41,407百万円(+31.1%)■当期利益 34,588百万円(+60.1%)・下期からCFグループ業績が新たに加わり、増収・増収及びPB商品拡販や経費のコ...

続きを読む

たけびし 上場維持基準の適合に向けた取組の実施状況は? &サンエックス大展覧会

たけびしは三菱電機系の技術商社。FA機器を主力に半導体、電子デバイス、医療機器も。買付日 : 2014年1月数量 : 100株取得単価 : 741円今回は第133期報告書と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 81,603百万円(+28.4%)■営業利益 3,020百万円(+45.0%)■当期利益 2,092百万円(+55.7%)・主力のFA機器に加えて、海外デバイス(リ・チャンプ社)が業績に貢献・FA・デバイス事業が利益減の社会・情報通信事...

続きを読む

ENEOSホールディングス CCS事業開始に向けた取り組み

ENEOSホールディングスは17年4月に東燃ゼネラルと経営統合。国内シェア5割の石油元売り首位。買付日 : 2021年1月数量 : 200株取得単価 : 419円今回は株主通信2022夏号について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 10,921,759百万円(+42.6%)■営業利益 785,905百万円(+209.2%)■当期利益 537,117百万円(+371.2%)・石油製品の生産・供給体制の再構築に伴う前年度の一過性損失の反転・資源価格高騰に伴う上流事業およ...

続きを読む

理研ビタミン 国内と海外で価格改定に浸透格差

理研ビタミンは理化学研究所がルーツ。海藻、ドレッシング以外に食品原料・改良剤。買付日 : 2020年9月数量 : 100株取得単価 : 2,175円今回は第86期株主通信と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 79,231百万円(+1.9%)■営業利益 5,840百万円(+327.2%)■当期利益 21,582百万円(-%)・海外改良剤事業が増収・増益を牽引・青島福生食品の連結除外が各段階利益にプラスの影響海外改良剤はコスト上昇分...

続きを読む

松屋フーズホールディングス 出店は複合型店舗中心

松屋フーズホールディングスは「牛めし」や「とんかつ」のチェーンを東名阪中心に全国展開。カレーやすし業態を育成中。買付日 : 2020年3月数量 : 100株取得単価 : 3,620円今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■売上高 94,472百万円(+0.1%)■営業利益 △4,200百万円(-%)■当期利益 1,105百万円(-%)・既存店売上高は前年比98.7%、出店39・退店24・営業自粛協力金等により経常利益以下は黒字既存...

続きを読む

オリックス AコースとBコース

オリックスは総合リース国内首位で、事業多角化・海外展開を推進。M&Aにも積極的。買付日 : 2015年3月数量 : 100株取得単価 : 1,675円 ※NISA口座を利用今回は業績と株主優待について紹介します。2022年3月期(4Q)■営業収益 2,520,365百万円(+9.9%)■営業利益 302,083百万円(+16.7%)■当期利益 312,135百万円(+62.2%)・過去最高のセグメント利益を達成・欧州、米国、アジアを中心に5セグメントが増益、国内ビジネス...

続きを読む

プロフィール

RYU

Author:RYU
某企業で財務の仕事をしていました
その知識を投資に活かしています

日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

スポンサーリンク

雑誌に掲載されました

☆ダイヤモンド・ザイ2018年6月号
☆ネットマネー2017年8月号
☆マネーポスト2017年春号、夏号

Twitter